カミソリ負けにオロナインは効くのか?

カミソリ負け、赤いブツブツ、埋没毛、黒ずみなどの毛穴対策ジェルNO.1

 

 

 

カミソリ負けにオロナインは本当に効くのか気になりますよね。
ほとんどの方がオロナインの存在を知っており、家の薬箱に常備している方も多いかと思います。

 

そもそもオロナインは殺菌消毒、止血、鎮痛の効果がありますので、
カミソリ負けをして血が出た、かゆいと言った症状にオロナインは効果的です。
カミソリ負けの程度が軽ければオロナインだけで症状は治まることがあります。

 

しかし塗る量が大切で、これが適切でないと逆に炎症を悪化させてしまうのでご注意を。
オロナインを塗って悪化した、なかなかよくならない時は皮膚科で診てもらうことが一番です。

 

 

カミソリ負けにオロナイン

 

 

症状が治まらない、ひどい場合は皮膚科へ

 

カミソリ負けは細菌による炎症です。
皮膚科ではカミソリ負けした部分をしっかり診察・検査してくれた上でそれぞれの症状に合ったお薬を処方してくれます。
カミソリ負けの赤いブツブツがどの細菌によって皮膚を攻撃されているかが皮膚科では分かります。
細菌を調べるにはカミソリ負けをしている部分の膿を顕微鏡を使って調べて判断します。
皮膚科ではその細菌に対する薬を処方してくれるのです。

 

 

皮膚科ではどのような薬を処方してくれるのか

 

皮膚科でカミソリ負けに出される薬は菌を殺す薬です。
飲み薬か塗り薬のどちらかですが、肌の状態が悪ければビタミン剤も処方されるようです。
しかしこれらの薬は長期間使用していると細菌が耐性をもってしまうので効かなくなってくることも考えられます。
皮膚科から貰った薬はあくまでも応急処置という位置づけということを念頭におきましょう。

 

 

カミソリ負けを繰り返さないためには

 

カミソリ負けをしてしまい、赤いブツブツが出てきたりかゆみによって掻いてしまい出血してしまったらまずは以下の手順がおすすめです。

 

1、カミソリ負けをしてしまったらまずはオロナインで様子を見てみる

 

2、なかなか治らない、悪化してきた場合は皮膚科へ

 

3、皮膚科の薬を使用しよくなってきたら再発しないよう毎日のお肌のケアを欠かさない

 

 

カミソリ負けが落ち着いた後はかさぶた等が色素沈着してシミになったり、赤いブツブツや毛が埋没して黒いブツブツができたりして汚い足になってしまいます。
そうならないためにも肌のコンディション・ターンオーバーを整えておくことが何よりも重要になります。
オロナインはカミソリ負けの予防にはならないので、専用のクリームがカミソリ負けの予防がおすすめです。

 

 

カミソリ負けの予防や足を綺麗にするおすすめのクリーム

 

@コスメで高評価の「ストレミライン」は優れた6つの特長によりカミソリ負け予防、汚い足を綺麗な足に導いてくれます。

 

 

<ストレミラインの特徴>

炎症を抑える

甘草根エキスにより刺激緩和作用が働き、カミソリ後の肌をクールダウンして炎症を防いでくれます。

 

乱れた肌のターンオーバーを整えてくれる

ストレミラインで実感できる大きな要素です。西洋梨エキスの果汁発酵液により乱れた肌、色素沈着のターンオーバーを促してくれます。

 

毛穴の黒ずみ・色素沈着を抑制

プルーン酵素分解物により色素沈着を抑制し、美白へと導きます。

 

疲れた肌の弾力を取り戻す

カミソリ処理によって疲れた肌をスターフルーツ葉のエキスによりコラーゲンの増殖をサポートし、ハリと弾力を取り戻します。

 

カミソリ負け後の毛穴を改善

アンティチョーク葉のエキスにより毛穴の目立ち、黒ずみ、乱れを引き締めて目立たなくする作用があります。
アンティチョーク葉のエキスはカミソリ負けによる肌荒れを防いだり、ハリや弾力を向上させたり、色素沈着を抑制したりするなどカミソリ負け対策になくてはならない成分です。

 

保湿・美白・整え成分濃密配合

スーパーヒアルロン酸などの高濃度保湿成分、美容性プラセンタなどの美白成分、酵母多糖体末などの肌の整え成分が合計12種類濃密配合されています。

 

 

カミソリ負けにオロナイン

 

 

これらにより埋没された毛により黒いボツボツとカミソリ負けでできた傷跡を改善し、カミソリ負けしにくい肌へと生まれ変わらせてくれます。
ぜひ1日1回のケアを続けてキレイな肌を手に入れてください。
30日間返金保証あり、ワキや顔、デリケートゾーンなど全身に使えます。
>>トップページへ戻る

 

 

赤いポツポツ、黒いボツボツのケアにおすすめストレミライン

↓↓↓↓↓↓