カミソリ負けにオロナインは効くのか?

 

カミソリ負けにオロナインは本当に効くのか気になりますよね。
ほとんどの方がオロナインの存在を知っており、家の薬箱に常備している方も多いかと思います。

 

そもそもオロナインは殺菌消毒、止血、鎮痛の効果がありますので、
カミソリ負けをして血が出た、かゆいと言った症状にオロナインは効果的です。
カミソリ負けの程度が軽ければオロナインだけで症状は治まることがあります。

 

しかし塗る量が大切で、これが適切でないと逆に炎症を悪化させてしまうのでご注意を。
オロナインを塗って悪化した、なかなかよくならない時は皮膚科で診てもらうことが一番です。

 

 

カミソリ負けにオロナイン

 

 

症状が治まらない、ひどい場合は皮膚科へ

 

カミソリ負けは細菌による炎症です。
皮膚科ではカミソリ負けした部分をしっかり診察・検査してくれた上でそれぞれの症状に合ったお薬を処方してくれます。
カミソリ負けの赤いブツブツがどの細菌によって皮膚を攻撃されているかが皮膚科では分かります。
細菌を調べるにはカミソリ負けをしている部分の膿を顕微鏡を使って調べて判断します。
皮膚科ではその細菌に対する薬を処方してくれるのです。

 

 

皮膚科ではどのような薬を処方してくれるのか

 

皮膚科でカミソリ負けに出される薬は菌を殺す薬です。
飲み薬か塗り薬のどちらかですが、肌の状態が悪ければビタミン剤も処方されるようです。
しかしこれらの薬は長期間使用していると細菌が耐性をもってしまうので効かなくなってくることも考えられます。
皮膚科から貰った薬はあくまでも応急処置という位置づけということを念頭におきましょう。

 

 

カミソリ負けを繰り返さないためには

 

カミソリ負けをしてしまい、赤いブツブツが出てきたりかゆみによって掻いてしまい出血してしまったらまずは以下の手順がおすすめです。

 

1、カミソリ負けをしてしまったらまずはオロナインで様子を見てみる

 

2、なかなか治らない、悪化してきた場合は皮膚科へ

 

3、皮膚科の薬を使用しよくなってきたら再発しないよう毎日のお肌のケアを欠かさない

 

 

カミソリ負けが落ち着いた後はかさぶた等が色素沈着してシミになったり、赤いブツブツや毛が埋没して黒いブツブツができたりして汚い足になってしまいます。
そうならないためにも肌のコンディション・ターンオーバーを整えておくことが何よりも重要になります。
オロナインはカミソリ負けの予防にはならないので、専用のクリームがカミソリ負けの予防がおすすめです。

 

 

>>トップページへ戻る