足のカミソリ負け、原因と治し方は?

カミソリ負けの予防・改善に@コスメでも高評価のストレミライン

 

 

 

身体の他の部位に比べて比較的、年中無休で毛の処理をしておきたいのが「足(ヒザ下)」ですよね。
しかし、この部分は何かとカミソリ負けを起こしやすく、さらにカミソリ負けの一番の特徴である「かゆみ」が非常に出やすく程度も強いという特徴があります。

 

そこで今回は、出来る限りカミソリ負けを起こさず、あの猛烈なかゆみを回避する方法、そして万が一カミソリ負けしてしまった時の対処法を紹介します。

 

あの猛烈なかゆみの原因は?

カミソリ負けは身体のどの部位でも起こり得るものですが、特に顔やヒザ下部分はそのかゆみが猛烈です。さらに悪いことに、場所的にボリボリと人前でかくわけにも行かないと来ています。そういった面を考えると、他の部位のカミソリ負けよりも足のカミソリ負けはタチが悪いと言えますね。

 

では、その足のカミソリ負けの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

足のカミソリ負けは原則としてこんな原因で発生します

 

  • 皮膚が乾燥している
  • 毛量が多い、または硬い毛質である
  • カミソリが古い
  • ジェルやクリームを使わずに剃っている
  • 皮膚に負担のかかる、逆剃りをしてしまっている

 

・・・などなど、実はカミソリ負けはこれらの要因が重なり合うことで発生する「炎症」なんです。

 

例えば、皮膚が乾燥している状態でジェルやクリームなどを使わずにお風呂などで逆剃りをすると高確率でカミソリ負けしてしまう(=炎症を起こしてしまう)ということになります。

 

意外と見落としがちなカミソリのコンディション

カミソリ負けの治し方【足】

また、カミソリが古くなっていないかをチェックすることもカミソリ負け防止に効果的です。

カミソリは使い込んで古くなってくると、少しづつ刃こぼれを起こし始めます。この刃こぼれしてギザギザになった状態のカミソリで剃ろうとすると、当然皮膚には細かくキズがついてしまいますね。

 

皮膚に細かいキズがついてしまうとそこから雑菌などが入り込んだり、もともと皮膚に最初からいる常在菌が入り込んで悪さをしたりしてカミソリ負けを起こすトリガーになったり、更に酷い場合は皮膚が化膿してしまうなどのケースもあります。恐ろしいですね!

 

そんなカミソリを交換する時期は使用頻度や保管状況によって人それぞれですが、少しでも「切れ味が悪くなってきたかな?」と感じたらその時点で交換するとベターでしょう。

 

体調が悪い時は出来る限り剃らない

また特に女性の場合、体調が悪い時は身体がカミソリ負けしやすい状態になっていることもありますので出来る限り剃るタイミングを遅らせるなどの注意が必要です。

 

体調が悪い時の他に生理中など、そういった時期は周期的に皮膚がセンシティブになっていることもありますので皮膚に負荷をかけるような事はNG。

 

どうしても剃らないといけない時はいつも以上に保湿に気を配り、カミソリは新しいものを。もちろんクリームやジェルはたっぷりと使いましょう。

 

 

剃ったあとは、この下で紹介しているカミソリ負けのケアの方法を参考にお肌のコンディションを整えていきましょう。

 

 

男性の場合も最近は足の部位の毛を処理する人もいるかと思いますが、女性同様に風邪をひいているときや体調が悪い時、何かしらのアレルギー症状が出て皮膚が敏感になっている時は処理を避けるようにしたいところです。

 

 

足のカミソリ負けを治す3つの方法

カミソリ負けの治し方【足】

 

では、実際に足のカミソリ負けをケアするにはどんな方法があるのでしょうか?

 

 

足のカミソリ負けを治すには大きく分けて

 

1.皮膚を冷やして炎症を抑える

 

2.保湿を徹底して皮膚に刺激を与えない

 

3.抗炎症や皮膚の再生を助ける外用薬(軟膏など)を使用する

 

という3つの方法があります。

 

まず、カミソリ負けは皮膚の赤みや猛烈なかゆみが主な症状となります。この正体は炎症ですので、それを鎮めるためには皮膚を冷やすのが効果的です。よく打撲や虫刺されで炎症を起こした時も、患部を冷やしますよね?あれと同じ原理です。

 

そして2番目に行いたいのが、皮膚の保湿と刺激からガードしてあげることです。

 

あのかゆみやチクチクとした不快感は、多くの場合カミソリを使った後の乾燥や服などの刺激から来ています。

 

ただでさえ辛い乾燥肌にカミソリ負けの不快感が重なると・・・想像すらしたくないですよね。

 

まずは皮膚をしっかりと保湿し、乾燥から守ってあげます。次に直接肌に触れる衣類ですが、こちらもチクチクとした刺激がかゆみや炎症を引き起こす要因になることがありますので化学繊維や起毛の素材は出来る限り避けましょう。

 

 

最後に、炎症を鎮めたり皮膚の再生を助ける軟膏などを仕上げとして使用します。

 

お薬によってはクロルヘキシジングルコン酸塩という抗菌作用のある成分が入っているものもあり、こちらもカミソリ負けの炎症対策には要チェックです。

 

あなた自身にあった薬選びを

もちろん上で紹介したケアの方法も重要ですが、カミソリ負けの根本的なケアにはお薬を使うのがベターです。

 

皮膚科などで身体にあったお薬を処方してもらうのも大切ですが、なかなか皮膚科にかかる時間がない・・・という様な場合は、信頼出来るサイトなどで紹介されているカミソリ負けに人気のお薬を使用してみるのも1つの方法ですね。

 

ただし、大手口コミサイトなどでは業者さんの書き込みなども横行しているようですので、あくまでも自分でサイトの情報や記事をよく読んだ上で信頼出来るサイトから商品を購入したいところです。

 

 

足のカミソリ負けに高評価の商品は?

様々なサイトや@コスメの口コミなどで一番評価が高かった商品は「ストレミライン」でした。

 

皮膚の乾燥を防ぎ、肌を整えることでカミソリ負けや埋没毛の原因である硬くなった角質を整えてくれます。

 

塗った感じは伸びがよく、べたつきもありません。高保湿で持続性が高いので塗る回数は一日一回で大丈夫です。

 

カミソリ負けの治し方【足】

 

ストレミラインのおすすめポイント

 

  • 効果・品質について厚生労働省の承認を受けた正式な医薬部外品
  • 足以外にもワキ、腕、デリケートゾーン、まゆ、鼻、鼻下にも使える
  • 天然由来と厳選した保湿成分・整え成分・美白成分が12種類
  • 無添加で刺激フリーなので敏感肌でも安心
  • 30日間の返金保証

 

 

 

 

 

 

>>トップページへ戻る